ブログ

年: 2022年の記事一覧

〜断熱と遮熱〜

2022年5月23日

『断熱』という言葉の他に『遮熱』という

 

 

 

言葉を聞かれることがあると思います。

 

 

 

混同しがちなこの言葉・・・

 

 

 

どういった意味なのでしょうか

 

 

 

 

まず『断熱』ですが、壁の内部を伝わっていく

 

 

 

熱の量を小さくすることですね。

 

 

 

また、『遮熱』というのは日射を吸収しない

 

 

 

ように反射することや、日射を吸収した結果、

 

 

 

温度の高くなった面から出る長波長放射(人間が

 

 

 

熱を感じる放射のこと)が室内へ入らないよう

 

 

 

にすることを意味します🏠

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

住まいのご相談承ります🏠

2022年5月20日

 

 

おうちラボでは住まいのご相談を承っております🤓

 

 

 

どうしても10年から15年くらい経過しますと、

 

 

 

補修・取替が必要になる箇所がでてきますね💦

 

 

 

また、新たに外構工事を希望される方もいらっ

 

 

 

しゃると思います。

 

 

 

屋根、外壁、カーポート、テラス囲い、フェンス、

 

 

 

キッチン、浴室🛀、トイレ🚽など、

 

 

 

お気軽にご相談くださいませ🙆‍♂️

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

おうち🏠の建替えをお考えの方へ

2022年5月19日

 

 

おうち🏠の建替えの場合、

 

 

 

工事期間中の仮住まいが必要になります。

 

 

 

当店では、お部屋探しのお手伝い

 

 

 

させていただきます。

 

 

 

またお客様にぴったりな住宅会社のご紹介、

 

 

 

建物の解体会社のご紹介もさせていただきます。

 

 

 

是非、ご利用くださいませ🙆‍♂️

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

気密について⓶

2022年5月16日

 

 

 

 

建物全体の気密性を示す指標である

 

 

 

相当隙間面積の求め方は、送風機を

 

 

 

使用して室内の空気を外へ吐き出すとき、

 

 

 

室内外の気圧差と送風機の風量を測定

 

 

 

して求めるようです。

 

 

 

求められた相当隙間面積を延床面積で除した

 

 

 

ものがC値( 床面積当たりの相当隙間面積、

 

 

 

単位:㎠/㎡ ) と呼ばれるのものですね。

 

 

 

木造でのC値は、

 

 

 

 

0.3以下で超高気密、1~5で標準、1以下

 

 

 

であれば高気密、5以上であれば、低気密と

 

 

 

いわれています。

 

 

 

たとえば、120㎡(約36.3坪)の家で

 

 

 

C値5㎠/㎡というと、600㎠の隙間が

 

 

 

あるということです。

 

 

 

600㎠の隙間は、A4サイズの隙間と

 

 

 

同じです。

 

 

 

また、C値1㎠/㎡というと、

 

 

 

120㎠の隙間があるということです。

 

 

 

これはハガキサイズと同じくらいです。

 

 

 

詳しくは、住宅会社との商談時にご質問される

 

 

 

とよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

気密について

2022年5月13日

 

 

 

家づくりを考える際に、『寒い家は嫌だ!』、と

 

 

 

お考えになると思います。

 

 

 

よく吹抜けは寒い、リビング階段は寒いという

 

 

 

お話を耳👂にされると思います。

 

 

 

これは断熱が足りていないだけではなく、

 

 

 

気密が十分ではないことが原因と言われてい

 

 

 

ます。

 

 

 

気密とは家🏠の隙間の大きさのことです。

 

 

 

隙間が大きいと気密性は低くなり、寒い家

 

 

 

になります。

 

 

 

気密が低い家は、部屋の上下で温度差が

 

 

 

出ます。

 

 

 

暖房の暖かい空気は、吹き抜けやリビング

 

 

 

階段を通って上にいき、2階の隙間から逃げ

 

 

 

ていきます。同時に足元の隙間から冷たい外気

 

 

 

が入ってきます。

 

 

 

建物全体の気密性を示す指標として、

 

 

 

『相当隙間面積』があります。

 

 

 

木造住宅は多くの軸材や面材で構成されて

 

 

 

います。

 

 

 

窓やドアは、開口部分の建具が閉じられて

 

 

 

いても、召し合わせ部分などには多くの

 

 

 

微細な孔が存在しています。

 

 

 

配管、配線のために外壁に孔があけられ、

 

 

 

隙間が発生することもあります。

 

 

 

こうした隙間や孔を減らすことが重要になり

 

 

 

ます。

 

 

 

住宅会社との商談時にご質問され、お話を

 

 

 

しっかり聞かれるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

シロアリと腐朽菌

2022年5月10日

 

 

 

 

 

 

お家を建てられるときに気になるのが、

 

 

 

防腐・防蟻ですね。

 

 

 

5月はシロアリシーズンと言われることが

 

 

 

あります。

 

 

 

それは、5月になるとシロアリの羽アリが

 

 

 

本格的に活動を始めるからです。

 

 

 

シロアリが家にいるかどうかの見つけ方の

 

 

 

ひとつとして、4月から7月の間に家から

 

 

 

大量の羽アリが飛び立つのを見た時。成長し

 

 

 

羽蟻となり一定条件が整うと、一斉に外へ飛び

 

 

 

立っていきます。

 

 

 

家屋に大きな被害を与えるヤマトシロアリまた

 

 

 

はイエシロアリの可能性が高いので、見つけ次第

 

 

 

すぐに駆除が必要です。

 

 

 

家屋に被害を与えないクロアリの羽アリの可能性

 

 

 

もあるので、専門業者に相談すると良いでしょう。

 

 

 

木を腐らせる腐朽菌とシロアリについてのお話

 

 

 

です。

 

 

 

腐朽菌とシロアリは、ともに生育する条件が

 

 

 

似ています。

 

 

 

生育として適当な温度、酸素、水分、

 

 

 

養分が必要す。

 

 

 

このうち、ひとつでも欠ければ繁殖

 

 

 

できません。

 

 

 

人が住む家である以上、

 

 

 

温度と酸素はカットできない為、水分をいかに

 

 

 

コントロールするかが対策のカギになりますね🙆‍♂️

 

 

 

床下の換気を十分にとり、

 

 

 

土台や柱脚部に耐久性にすぐれヒノキ、ヒバ

 

 

 

あるいは防腐・防蟻処理を十分に施した木材をを

 

 

 

用いるなど耐久性を高める対策が必要となります。

 

 

 

腐朽菌の繁殖条件としては、

 

 

● 養分・・・糖分、窒素化合物、

 

      リグニン(つまり木材)

 

 

● 水分・・・大気中湿度85%以上、

 

     木材の含水率20%~200

 

 

● 温度・・・3度から45

 

     (30度前後が問題あり)

 

 

● 空気・・・空気がなければならない

 

 

 

です。

 

 

 

木材中の含水率を20%以下にすること、

 

 

 

温度が3度以下だと問題が少なくなります。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

天井断熱について

2022年5月6日

 

 

 

 

天井断熱とは、天井面材の上に直に断熱材を施工

 

 

 

する方法です。

 

 

 

小屋裏(天井裏の空間)にグラスウールやロック

 

 

 

ウールなどの断熱材を敷き詰める方法や、セルロ

 

 

 

ーズファイバーを吹き込む方法があります。

 

 

 

天井断熱の場合、断熱材の厚みに制約が少ない

 

 

 

ので、断熱性能を上げやすいといわれています。

 

 

 

屋根断熱と比較した場合、施工手間が少ない

 

 

 

ようです。

 

 

 

この天井断熱を選択した場合、小屋裏空間は

 

 

 

太陽熱で蒸し風呂状態なるため、熱がこもらな

 

 

 

いように、また小屋裏に侵入してくる水分、

 

 

 

小屋裏で発生する湿気を外に放出し、乾いた

 

 

 

外気を入れるため、十分な換気が必要になり

 

 

 

ます。

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根断熱について

2022年5月1日

 

 

 

屋根断熱の施工方法にはいくつかあります。

 

 

 

充填断熱と外張り断熱です。

 

 

 

充填断熱の場合、ボード状の断熱材を屋根に

 

 

 

使われている部材(垂木:タルキ)の間に嵌め込

 

 

 

んだり、発泡ウレタン断熱材を吹付けたりします。

 

 

 

この場合は、断熱材の室内側に防湿層を設けたり、

 

 

 

 

または、透湿抵抗の高い断熱材を使用する必要が

 

 

 

あります。

 

 

 

屋根の木材と木材に断熱材施工をする場合、

 

 

 

木材が縮んだ時に隙間ができ、暖かい空気が逃げ

 

 

 

てしまうことがあるので、防湿気密工事が必要

 

 

 

となります。

 

 

 

もうひとつの施工方法は、屋根部材の外側に

 

 

 

断熱材を張る方法です(外張り断熱)。

 

 

 

外張り断熱であれば、野地板の外側ボード状の

 

 

 

断熱材を張り付け、その上に止水層、屋根葺き材と

 

 

 

なるが、止水層の下に通気層を設けることが、

 

 

 

耐久性状の観点から大切です。

 

 

 

ベストな断熱方法を住宅会社に確認してみると

 

 

 

良いでしょう🙆‍♂️

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根断熱と天井断熱

2022年4月28日

 

 

 

 

夏、2階では暑くて過ごせないというお家が

 

 

 

あります。

 

 

 

それは建物上部の断熱性能が大きく影響してい

 

 

 

ます。

 

 

 

屋根を断熱すれば屋根断熱、天井を断熱すれば

 

 

 

天井断熱となります。

 

 

他にも桁上断熱というものもありますが、あまり

 

 

 

施工はされていないようです。

 

 

 

屋根断熱をして、天井がある場合、

 

 

 

小屋裏(天井裏空間のこと)は断熱材で囲まれ

 

 

 

ているため、熱が逃げず、溜まりやすくなりま

 

 

 

す。溜まった熱は輻射熱として下の部屋に伝わり

 

 

 

ます。空調を設けたり、換気を設けたりして、熱

 

 

 

が溜まらないように対策を行うことが重要です🙆‍♂️

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

基礎断熱と床断熱の違い

2022年4月25日

 

 

 

基礎断熱と床断熱の違いをまとめると、次のように

 

 

 

 

なります。

 

 

 

 

 

 

【仕様】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

 

基礎コンクリートの屋内側または室内側に断熱材

 

 

 

を施し、床下を『室内』にする。

 

 

 

基礎に換気口を設けない。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

床に断熱材を敷き詰め、床下を『室外』にする。

 

 

 

基礎に床下換気口やねこ土台(基礎パッキン)を

 

 

 

採用する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【熱損失】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

外気とは基礎の立ち上がりだけが接するので、

 

 

 

熱損失が少なくなる。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

外気とは基礎の立ち上がりに加えて床下面も接する

 

 

 

ので、熱損失が多くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

【気密性能】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

 

基礎外周部の気密性を注意するだけで、気密性能

 

 

 

を確保しやすい。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

給排水管や柱、間仕切り壁、床下点検口まわり

 

 

 

など、気密・防湿する箇所が多くなる。

 

 

 

床組み木材の乾燥収縮や自重などにより、断熱材

 

 

 

自体のたるみやずれが生じやすいので、留め方

 

 

 

に注意する。

 

 

 

 

 

 

 

 

【メンテンス】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

 

床下が室内なので、給排水管の凍結防止や移設、

 

 

 

メンテンスが比較的容易になる。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

床下が室外なので、給排水管の凍結防止や移設、

 

 

 

メンテンスがやや面倒になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

【壁のカビ、結露のリスク】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

 

床下に外気を入れないので、基礎のコンクリート

 

 

 

や木材が乾いた後、床下が高湿度になりにくい。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

春先から夏にかけて、地盤の影響を受けて床下

 

 

 

の表面温度の上昇が遅れるため、外気に接して

 

 

 

木材が高湿度になる恐れがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他】

 

 

 

(基礎断熱)

 

 

 

地盤の熱容量を利用できる。

 

 

 

基礎断熱より基礎外断熱の方が地用できる熱容量

 

 

 

が大きくなる。

 

 

 

床下を室内として活用できる。

 

 

 

(床断熱)

 

 

 

地盤の熱容量を利用できない。

 

 

 

床下を室内として活用できない。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

月別アーカイブ

年別アーカイブ