ブログ

年: 2021年の記事一覧

基礎⓵

2021年12月11日

 

 

 

基礎は柱などから伝達される建物重量を

 

 

 

最終的に地盤に伝える役割を担っています。

 

 

 

基礎の構造は平成12年告示1347号に規定

 

 

 

されています。

 

 

 

地盤の強さは地面㎡あたりに許容する力

 

 

 

として定義され、地盤の許容応力度と呼ばれ

 

 

 

ています。

 

 

 

地盤の許容応力度に応じて基礎の構造形式

 

 

 

(杭基礎、ベタ基礎布基礎)を選択する

 

 

 

ことになります。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤改良で安全な家🏠を! ③

2021年12月10日

 

 

 

~地盤改良工事の代表的な3つ工法について~

 

 

 

表層改良工法】

 

 

 

地表から弱い地盤までが2以内の場合に

 

 

 

採用される工法です。

 

 

 

建物の下の土にコンクリート等を混ぜて

 

 

 

強度を上げます。

 

 

 

柱状改良工法】

 

 

 

地表から弱い地盤が2~8mの場合に採用

 

 

 

される工法です。

 

 

 

地盤が弱い地層に直径60cmほどの穴を

 

 

 

あけ、そこにコンクリートを流し込んで

 

 

 

柱をつくり、強度を上げます。

 

 

 

天然の砕石で石柱をつくる工法もあり

 

 

 

ます。

 

 

 

鋼管杭打工法】

 

 

 

地下深くまで掘り進まないと強い地盤が

 

 

 

ない場合に採用される工法です。

 

 

 

鋼製の杭を強い地盤まで打ち込むことで

 

 

 

強度をだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

地盤改良で安全な家🏠を! ②

2021年12月9日

 

 

 

地盤改良の工法は、

 

 

 

それぞれ特徴があり、土質や軟弱地盤の

 

 

 

深さによって最適な方法が選ばれます🙆‍♂️

 

 

 

価格は表層改良工法が最も安価です。

 

 

 

つづいて柱状改良工法、鋼管杭打工法の

 

 

 

順に高額になります。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

地盤改良で安全な家🏠を! ①

2021年12月6日

 

 

 

地盤調査結果で軟弱な地盤と判定された場合、

 

 

 

地盤改良工事が必要になります。

 

 

 

建物が傾く不同沈下が起こらないように

 

 

 

地盤をしっかり改良、補強しなければなり

 

 

 

ません。

 

 

 

地盤改良は主に、『表層改良工法』

 

 

 

『柱状改良工法』『鋼管杭工法』があり

 

 

 

ます。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

地盤評価➁

2021年12月5日

建築家とつくる注文住宅「BDAC=Style」女性建築家デザイン監修のかわいいおうち | 優良工務店の施工事例。こだわりの注文住宅をSW工法で建てよう!|スーパーウォール ビルダーズファミリー

 

 

 

地盤評価で主に検討される項目について

 

 

 

長期許容応力度の検討は、

 

 

 

地盤が建物の荷重により破壊するか

 

 

 

どうかの検討です。

 

 

 

地盤調査結果から算出して検討します。

 

 

 

ベタ基礎の場合は、20kN/㎡以上、

 

 

 

布基礎の場合は30kN/㎡以上が必要と

 

 

 

いわれています。

 

 

 

一方、沈下変形の検討は、

 

 

 

荷重によって地盤は破壊しないが、

 

 

 

ゆっくり土が水分を排水して収縮する

 

 

 

圧密現象や降雨などによって盛土が収縮

 

 

 

する浸水沈下現象などを検討します。

 

 

 

沈下量を推定したり擁壁の築造年や

 

 

 

盛土の厚さなど、いろいろな情報を元に

 

 

 

不均質地盤か否かを総合的に判断され

 

 

 

ます。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

地盤評価➀

2021年12月4日

 

地盤調査は、土地の強さや土の密度、

 

 

 

建物を建てる下がどのような地層になって

 

 

 

いるか調べるものです。

 

 

 

地盤調査の結果、地盤が弱ければ

 

 

 

地盤改良工事が必要となります。

 

 

 

地盤の評価は、『長期許容応力度』と

 

 

 

『沈下変形』について検討し、ふたつとも

 

 

 

に問題がない場合は『直接基礎可能』、

 

 

 

ひとつでも問題があった場合は

 

 

 

『要地盤改良』と評価されます。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

地盤調査について➁

2021年12月3日

 

 

地盤の強さを評価する調査試験方法には

 

 

 

いくつかあります。住宅規模の建物には

 

 

 

スウェーデン式サウンディング試験がよく

 

 

 

使われます。

 

 

 

1000N(N:ニュートン。約100kgのおもり

 

 

 

による荷重)を載せた後にスクリューポイント

 

 

 

を回転させて地盤に貫入し、おもりの重さや

 

 

 

半回転数で地盤の強さを評価する試験方法です。

 

 

 

通常は、建物を建てる場所の四隅と中心にあたる

 

 

 

5ケ所以上のポイントで調査を行います。

 

 

👇 スクリューポイント

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

地盤調査について

2021年12月2日

 

 

地震大国の日本に住む以上、

 

 

 

避けて通れないのが地盤対策です。

 

 

 

湿地、谷知、斜面地などの造成地に

 

 

 

住宅を建築するケースが増え、これに伴う

 

 

 

不同沈下などの被害が発生する場合があり

 

 

 

ます。

 

 

 

建物が不揃いで沈んでいく『不同沈下』

 

 

 

や液状化現象による外壁の亀裂、建物の

 

 

 

ゆがみ、でドアや窓などの開閉に支障を

 

 

 

きたさないように地盤調査、地盤対策を

 

 

 

しっかり行うことが重要です。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

住まいのご相談承ります🏠

2021年12月1日

 

 

おうちラボでは住まいのご相談を承っております🤓

 

 

 

どうしても10年から15年くらい経過しますと、

 

 

 

補修・取替が必要になる箇所がでてきますね💦

 

 

 

また、新たに外構工事を希望される方もいらっ

 

 

 

しゃると思います。

 

 

 

屋根、外壁、カーポート、テラス囲い、フェンス、

 

 

 

キッチン、浴室🛀、トイレ🚽など、

 

 

 

お気軽にご相談くださいませ🙆‍♂️

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

鉄骨造

2021年11月26日

 

 

鉄骨造のお話です。

 

 

 

鉄骨造は強度に優れた鉄骨を用いる

 

 

 

工法です。

 

 

 

使用する主な鉄骨の断面から、

 

 

 

『軽量鉄骨造』と『重量鉄骨造』があります。

 

 

 

軽量鉄骨造は、『ブレース』と呼ばれる部材を

 

 

 

使用し、強度をもたせています。

 

 

 

木造軸組工法でいう筋交いの部分です。

 

 

 

最大のメリットは、

 

 

 

工業化によって建材の品質が安定しており、

 

 

 

耐震性、耐風性に優れていることです。

 

 

 

重量鉄骨造は、鉄骨自体が丈夫です。

 

 

 

そのため、柱の本数が少なくて済みます。

 

 

 

軽量鉄骨造のように寸法に制限がないので

 

 

 

設計の自由度が高いです。

 

 

 

重量鉄骨造は、柱と梁で構成されている

 

 

 

ので、開口部や大空間の確保が可能です。

 

 

 

軽量鉄骨造、重量鉄骨造どちらも耐震性に

 

 

 

優れていますが、コスト高になるのが弱点

 

 

 

となります。

 

 

 

一戸建ての建築工法には、

 

 

 

それぞれメリット、デメリットがあります。

 

 

 

予算やプランを考慮して、希望にあったものを

 

 

 

選びましょう。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

月別アーカイブ

年別アーカイブ