ブログ

月別: 2021年12月の記事一覧

本年はありがとうございました🎍

2021年12月27日

 

 

今年も残すところ、5日となりました。

 

 

 

当店は12/28(火)から1/5(水)まで年末年始の

 

 

 

お休みとなります。

 

 

 

本年はありがとうございました。

 

 

 

新年は、16日AM10:00より営業いたします。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

断熱(開口部)③

2021年12月26日

 

 

 

窓ガラスについてです。

 

 

 

ガラスは空気や風を遮り、光を通し、透明な素材

 

 

 

です。節電や省エネが叫ばれれている昨今ですが、

 

 

 

断熱対策が最も難しいのが窓です。

 

 

 

熱伝導率が高いので、暑さ寒さに弱く、

 

 

 

熱しやすく冷めやすいのが特徴ですね。

 

 

 

そんな機能を補う性能をもつガラスが開発され

 

 

 

ています。

 

 

 

よく耳👂にするペアガラス・・・

 

 

 

正確には複層ガラスといいます。

 

 

 

 

低コスト化により、多くの建物で使用されて

 

 

 

います。

 

 

 

また、トリプルガラスというものも使用されて

 

 

 

います。

 

 

 

 

 

 

高断熱高気密の住宅では、室外と室内のの温度差

 

 

 

によって起こる結露防止や断熱の為に、ガラスと

 

 

 

ガラスの間に断熱層をとり、乾燥空気を充填して

 

 

 

熱を伝えないペアガラス、トリプルガラスの

 

 

 

サッシを使用しています。

 

 

 

建物の省エネを進めるのは、窓から出入りする

 

 

 

エネルギーをどうコントロールするかが重要と

 

 

 

いわれています。

 

 

 

どうしても南に面したところに大きな窓を

 

 

 

のある住宅が好まれますが、窓ガラスが大きく

 

 

 

なればなるほど、室内温度を保つためのエネルギー

 

 

 

消費量は増えることになります。

 

 

 

そのため多くの先進国では、エネルギー消費量

 

 

 

を抑えるため、複層ガラスの使用が義務化されて

 

 

 

いるようです。

 

 

 

日本では義務化されていませんが、

 

 

 

住宅で複層ガラスを使用することが標準になって

 

 

 

きたのでコストが下がり、多くの住宅で使用され

 

 

 

るようになってきているようです。

 

 

 

板硝子協会の統計によりますと、

 

 

 

令和2年での新築戸建住宅の戸数普及率が

 

 

 

複層ガラスで、

 

 

 

98.5%(普及率はLow-Eガラスも含む。)

 

 

 

さらに遮熱効果を高めたLow-Eガラスは

 

 

 

86.4%となっています。

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱(開口部)②

2021年12月25日

 

 

サッシについてのお話です。

 

 

 

サッシには、『引き違い』、『片開き』、

 

 

 

『FIX(はめ殺し)』、『滑り出し窓』など、

 

 

 

開閉タイプによって様々な形があります。

 

 

 

サッシ枠の材質は、大きく分けると、

 

 

 

◎ アルミ

 

 

◎ 樹脂

 

 

◎ 複合

 

 

 

3つのタイプが主流になります。

 

 

 

特徴は・・・

 

 

 

アルミタイプは、軽量で腐食に強く加工しやすい

 

 

 

ので、住宅環境や窓の形を問わず対応できる

 

 

 

ということが大きな特徴です。

 

 

 

低コストで一般住宅のサッシの中で最も

 

 

 

普及率が高くなっています。

 

 

 

熱を伝えやすい材質なので、室内と室外の

 

 

 

温度差による結露が起こりやすく樹脂サッシ

 

 

 

に比べ断熱性が低い点がデメリットになります。

 

 

 

樹脂タイプは、主材料として硬質塩化ビニール

 

 

 

樹脂のプラスチックを使用しています。

 

 

 

アルミに比べ熱伝導率が高いのが特徴です。

 

 

 

結露が起こりにくく、寒冷地を中心に採用され

 

 

 

ています。アルミより重い点、熱に弱い点、

 

 

 

コストが高くなる点はデメリットといえます。

 

 

 

複合タイプは、異なる素材を組み合わせ、

 

 

 

それぞれのメリットをいかしたものです。

 

 

 

室外側にアルミ、室内側に温かみのある木や

 

 

 

樹脂を組み合わせるのが一般的です。

 

 

 

アルミの持つ軽さや強度、樹脂の断熱性を

 

 

 

あわせ持っているのが特徴です。

 

 

 

アルミより断熱性が高いですが、樹脂製と

 

 

 

比べると断熱性は劣るようです。

 

 

 

価格はアルミタイプと樹脂タイプの中間程度

 

 

 

のようです。

 

 

 

住宅会社の担当者さんに相談して、コスト

 

 

 

バランスを考えながら決めるとよいでしょう。

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

断熱(開口部)①

2021年12月24日

 

 

住宅の断熱性能を上げるには、

 

 

 

天井、壁、床にしっかり断熱材を入れ、

 

 

 

窓(サッシとガラス)も熱を伝えにくい

 

 

 

部材を選択する必要があります。

 

 

 

住宅で熱の出入りが一番大きいのが開口部

 

 

 

です。

 

 

 

開口部とは、窓や玄関、勝手口のことです。

 

 

 

(一社)日本建材・住宅設備産業協会により

 

 

 

ますと、住宅への熱の出入りは、

 

 

 

夏に開口部より暑い熱が73%入ってきて、

 

 

 

冬は開口部より暖かい熱が50%出ていく

 

 

 

というデータがあるようです。

 

 

 

 

窓は住宅最大の開口部となります。

 

 

 

サッシ(窓枠)やガラス次第で住宅の快適性が

 

 

 

かわりますね。

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

住まいのご相談承ります🏠

2021年12月23日

 

 

おうちラボでは住まいのご相談を承っております🤓

 

 

 

どうしても10年から15年くらい経過しますと、

 

 

 

補修・取替が必要になる箇所がでてきますね💦

 

 

 

また、新たに外構工事を希望される方もいらっ

 

 

 

しゃると思います。

 

 

 

屋根、外壁、カーポート、テラス囲い、フェンス、

 

 

 

キッチン、浴室🛀、トイレ🚽など、

 

 

 

お気軽にご相談くださいませ🙆‍♂️

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

おうち🏠の建替えをお考えの方へ

2021年12月20日

 

 

おうち🏠の建替えの場合、

 

 

 

工事期間中の仮住まいが必要になります。

 

 

 

当店では、お部屋探しのお手伝い

 

 

 

させていただきます。

 

 

 

またお客様にぴったりな住宅会社のご紹介、

 

 

 

建物の解体会社のご紹介もさせていただきます。

 

 

 

是非、ご利用くださいませ🙆‍♂️

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

こどもみらい住宅支援事業

2021年12月19日

 

 

もうお耳👂にされた方もいらっしゃる

 

 

 

と思いますが、

 

 

 

『こどもみらい住宅支援事業』

 

 

 

についてのお話です。

 

 

 

国土交通省の資料によりますと、

 

 

 

制度の目的として、

 

 

 

子育て支援及び2050年カーボンニュートラル

 

 

 

の実現の観点から子育て世帯や若者夫婦世帯

 

 

 

による高い省エネ性能を有する新築住宅の

 

 

 

取得や住宅の省エネ改修等に対して補助する

 

 

 

ことにより、子育て世帯・若者夫婦世帯の

 

 

 

住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、

 

 

 

省エネ性能を有する住宅ストックの形成を

 

 

 

図る。

 

 

 

、とあります。

 

 

 

簡単に説明すると、

 

 

 

18歳未満の子を有する世帯(子育て

 

 

 

世帯)、夫婦いずれかが39歳以下の世帯

 

 

 

(若者夫婦世帯)の場合、

 

 

 

新築購入時に住宅性能に応じた『現金』が

 

 

 

最大100万円もらえる、対象となる住宅は

 

 

 

延べ床面積が50㎡以上とする、ということで

 

 

 

すね🙆‍♀️

 

 

 

住宅性能に応じて補助額が変わります。

 

 

 

補助金対象の住宅の条件や申請できる

 

 

 

対象世帯かどうかもチェックしていただき

 

 

 

住宅会社と相談しながら進めていきましょう🏠

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎④

2021年12月18日

 

 

 

前回の布基礎に続いて

 

 

 

ベタ基礎についてお話です。

 

 

 

ベタ基礎は家の荷重を底板全体(面)で

 

 

 

支える構造です。

 

 

 

基礎の立ち上がり部分はもちろん、

 

 

 

底板全面に鉄筋が入っています。

 

 

 

そのため耐震性と安全性に優れていると

 

 

 

いわれています。

 

 

 

また、厚い鉄筋コンクリートが地面から

 

 

 

の湿気を抑え、シロアリの侵入を防ぐ

 

 

 

効果があるといわれています🙆‍♂️

 

 

 

布基礎に比べると、コンクリートを

 

 

 

使用する量が多い分、工事価格が増え

 

 

 

ますが、リスクは軽減される

 

 

 

でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎③

2021年12月17日

 

 

 

前回、家と地盤をつないで建物を支える部分

 

 

 

の工事、つまり基礎工事の工法として

 

 

 

布基礎、ベタ基礎などがあるお話をしま

 

 

 

した。

 

 

 

地盤が良好な場合は布基礎、

 

 

 

地盤が弱い場合はベタ基礎が適している

 

 

 

といわれています。

 

 

 

布基礎は、断面で見た時、

 

 

 

逆T字の形状の鉄筋コンクリートが

 

 

 

家の土台の部分を支える構造になって

 

 

 

います。

 

 

 

逆T字の部分が鉄筋コンクリートになって

 

 

 

おり、他の部分は土になっています。

 

 

 

地盤の強い場所に限っての利用となります。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

基礎➁

2021年12月16日

 

 

基礎のお話の続きです。

 

 

 

杭基礎、ベタ基礎、布基礎など、

 

 

 

基礎の構造形式は、地盤の許容応力度

 

 

 

に応じて選択することになります。

 

 

 

 地盤の許容応力度

 

地盤の強さは地面1㎡あたりに許容する力

 

 

 

➀ 杭基礎

 

 

地盤の許容応力度が1㎡につき

 

 

20kN/㎡未満の場合に用いる。

 

 

 

➁ べた基礎

 

 

地盤の許容応力度が1㎡につき

 

 

20kN/㎡以上の長期にわたる荷重に

 

 

対して耐えうる場合に用いる。

 

 

床下噴砂を抑え、不同沈下を低減する。

 

 

 

③ 布基礎(連続フーチング基礎)

 

 

地盤の許容応力度が1㎡につき

 

 

30kN/㎡以上の長期にわたる荷重に

 

 

対して耐えうる場合に用いる。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

月別アーカイブ

年別アーカイブ