ブログ

月別: 2021年7月の記事一覧

お客様の建築工事現場見学👀

2021年7月30日

 

 

お客様の工事現場へ行ってきました。

 

 

プラスターボード(石膏ボード)が張られ、

 

 

 

室内階段が出来上がっていました🤩

 

 

 

プラスターボードとは、

 

 

 

石膏(せっこう)プラスターという素材を

 

 

 

板状に形成し、表面を特殊な紙(ボード用紙)

 

 

 

で仕上げた建築材料のことです🤓

 

 

 

室内壁や天井を造る際に使用します。

 

 

 

柱にプラスターボードを固定して、

 

 

 

その上に壁紙(クロス)を張るのが一般的

 

 

 

ですね。

 

 

 

 

 

👇  巾木(幅木)も取付けられていました。

 

 

この巾木(幅木)には床材と壁のつなぎ目を

 

 

 

綺麗に見せ、すき間を隠す役割があります。

 

 

 

また、壁の汚れや傷を防いでくれます。

 

 

 

掃除機をかけたりしていると、

 

 

 

ヘッドの部分が壁に当たってしまいます。

 

 

 

その際に壁を保護してくれます。

 

 

 

他にもフローリングにワックスをかける時に、

 

 

 

壁紙がワックスを吸収してしまいシミになる

 

 

 

のを防いでくれます🤩

 

 

 

巾木ひとつでお部屋の雰囲気も変わります。

 

 

役割も知ったうえで、色や形、大きさを考え

 

 

 

たいですね🙆‍♂️

断熱材(セルロースファイバー)施工現場見学②

2021年7月26日

 

 

まず透湿シートをタッカーで留めながら張って

 

 

 

いきます。

 

 

 

 

 

セルロースファイバーを吹き込む穴をあけます。

 

 

 

50cmくらいの間隔で穴をあけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラック荷台に積んであるセルロースファイバー

 

 

 

機械に入れます。

 

 

 

 

機械にホースを取付け、室内へ吹き出し口側を

 

 

 

室内へ入れます。

 

 

 

 

 

 

スイッチを入れると中で攪拌(かくはん)され

 

 

 

ホースの先からセルロースファイバーが出るよう

 

 

 

になります。

 

 

 

 

透湿シートにあけた穴にホースの吹き出し口を

 

 

 

入れ吹き込んでいきます。

 

 

 

下側の穴から吹き込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

専用テープで穴を塞ぎ完了です。

 

 

 

パンパンに詰め込まれてました。

 

 

 

 

ホウ酸系薬品が添加されており準不燃材となって

 

 

 

います。

 

 

 

またセルロースファイバーは密度が高いため酸素が

 

 

 

入りにくく火が燃え広がることを防ぎ、万が一の

 

 

 

火災でも逃げる時間を稼ぐことができると言われて

 

 

 

いますね🙆‍♂️

 

 

 

👇 セルロースファイバー透湿シートです。

 

 

 

 

 

断熱材(セルロースファイバー)施工現場見学①

2021年7月25日

断熱材施工の見学へ

行ってきました🚗

 

 

 

断熱材といってもセルロースファイバー、

 

 

 

グラスウール、ウレタンフォーム、羊毛、

 

 

 

フェノールフォーム、押し出し発砲ポリスチレン

 

 

 

など色々な種類があります。

 

 

 

今回はセルロースファイバーの施工を

 

 

 

見学しました👀

 

 

 

セルロースファイバーは、

 

 

 

天然の木質繊維を利用したもので、

 

 

 

断熱性、防音性に優れています🙆‍♂️

 

 

 

また木質のため、吸放出作用、調湿作用があり

 

 

 

ます。

 

 

 

新聞紙を作っているので、住む人と地球環境に

 

 

 

優しい断熱材ですね🤩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱④

2021年7月24日

木造の場合、

 

 

 

外断熱工法『外張り断熱工法』

 

 

 

内断熱工法『充填断熱工法』と呼んで

 

 

 

います。

 

 

 

木造住宅の在来工法はほとんどが

 

 

 

充填断熱工法です。

 

 

 

隙間なく断熱材を充填して壁面・屋根に

 

 

 

結露防止のための『防湿シート』を張れば、

 

 

 

外張り工法の断熱性能に劣らないです。

 

 

 

職人の腕💪も重要です。。。

 

 

 

外張り工法は、寒い北欧諸国のような

 

 

 

分厚い断熱材を使用できますが、

 

 

 

日本では約50〜100mmの断熱材が

 

 

 

一般的に使用されているようです。

 

 

 

そのため、充填断熱工法と断熱性能に

 

 

 

差はほとんどないと言われています。

 

 

 

※木造は、内断熱工法と外断熱工法で

 

 

 

大きな差はありませんが、

 

 

 

鉄筋コンクリート造においては、

 

 

 

コンクリートの熱容量の観点から外断熱

 

 

 

の方が断熱効果が高いといえますね。

 

 

 

 

断熱③

2021年7月23日

鉄筋コンクリート造木造において

 

 

 

内断熱外断熱のどちらが効果的な断熱工法

 

 

 

なのでしょうか。。。

 

 

 

鉄筋コンクリート造の場合、

 

 

 

コンクリート自体の熱容量が大きいので

 

 

 

建物が熱を蓄える性質を持っています。

 

 

 

内断熱工法は、室外に断熱材がありません。

 

 

 

そのため、夏場は日射しによってコンクリートが

 

 

 

太陽熱🌞を蓄熱し、蓄えた熱を放熱し続けます。

 

 

 

そのため室内環境を快適な温度に保つためには連続

 

 

 

空調が必要不可欠になります。

 

 

 

外断熱工法は、コンクリートを断熱材で覆い、

 

 

 

日差しや外気から遮断しています。

 

 

 

夏は冷房の冷たい空気を、冬は暖房の暖かい

 

 

 

空気を、とコンクリートが室温に同調して蓄熱

 

 

 

しているため、内部を一定温度に保つことがで

 

 

 

きています。

 

 

 

構造上、内断熱工法は熱橋(ヒートブリッジ)

 

 

 

と呼ばれる、梁や柱などによる断熱材の切れ目

 

 

 

が多く存在し、そこから外部の熱や冷気が室内側

 

 

 

へ伝達してしまいます。

 

 

 

外断熱工法は、バルコニーなどを設けた場合に

 

 

 

 

少し熱橋が発生する程度なので、より優れた断熱

 

 

 

性能を発揮します。

 

 

断熱②

2021年7月22日

『外断熱』ですが、

 

 

 

北欧諸国で約300mmの厚さの断熱材を使用

 

 

 

している『外断熱』工法もあるようです。

 

 

 

日本では約50〜100mmくらいの断熱材使用

 

 

となっています。

 

 

 

断熱性能の良い悪いをみるにあたり断熱材自体の

 

 

 

性能だけではなく建物の『熱容量』などもみなく

 

 

 

てはなりません。

 

 

 

『熱容量』とは、物体の温度を摂氏1度上げるために

 

 

 

必要なエネルギーのことです。

 

 

 

●熱容量の小さいものに空気があります。

 

 

空気熱しやすく冷めやすい

 

 

 

●熱容量の大きいものには水があります。

 

 

 :熱しにくく冷めにくい

 

 

 

建築部材ではコンクリートが熱容量の大きい

 

 

 

物質のひとつです。

 

 

 

木材の約4倍の『熱容量』といわれています。

 

 

 

建物を熱容量の大きい材質のもので囲むほど

 

 

 

室内の温度変化が少なくなりますね。

 

 

断熱

2021年7月20日

冬寒く夏暑い他県に住んでいた時は大変

 

 

 

でした。

 

 

 

冬に雪は降らないですが、気温が非常に低く

 

 

 

夏は40℃超えも頻繁にあるところでした。

 

 

 

冬はあたたかく、そして夏は涼しく過ごしたい

 

 

 

ですね。

 

 

 

そのように過ごすために外壁や屋根、窓に

 

 

 

断熱性能の高い建材を使用して熱が伝わるのを

 

 

 

防ぐことを断熱といいます。

 

 

 

断熱方法は、柱と柱の隙間に断熱材を挟み込む

 

 

 

『内断熱』

 

 

 

工法と柱や梁、屋根を断熱材で包み込む

 

 

 

『外断熱』工法があります。

 

 

 

また、『内断熱』『外断熱』の両方を施工

 

 

 

する工法もあります。

 

 

 

最近は『外断熱』がよく宣伝されていますね。

 

 

 

 

お客様邸 建築現場見学👓

2021年7月19日

 

 

 

 

お客様邸の工事現場に行ってきました🤓

 

 

 

職人さんがシーリング工事をされていま

 

 

 

した。

 

 

 

外壁材のつなぎ目の隙間部分や、

 

 

 

窓サッシ・庇・換気口等の周囲の隙間部分

 

 

 

シーリング材を充填し埋める工事の事です。

 

 

 

他にもサッシの金具と壁のつなぎ目などにも行われ

 

 

 

ますね。

 

 

 

雨水等の侵入を防ぐために防水を目的として

 

 

 

行われる工事です。

 

 

 

 

お暑い中、大変だと思います🥵

 

 

 

ご縁をいただいたお客様の為にお仕事を

 

 

 

してくださりありがとうございます🤩

 

 

 

 

 

 

 

 

日射熱取得率

2021年7月12日

日射熱取得率という言葉を耳👂にされる

 

 

 

ことがあるかもしれません。

 

 

 

日射熱取得率とはガラスに当たった日射を

 

 

 

1としたときに、室内にどのくらい侵入するかを

 

 

 

示す数値のことです。

 

 

 

数値が小さいほど日射に起因する熱取得が

 

 

 

小さくなります。

 

 

 

日射熱取得は3つの要素から成り立っています。

 

 

 

ひとつは光、つまり『透過』

 

 

 

もうふたつは、天井、壁、床が日射を吸収した後、

 

 

 

放出される『長波長放射』とこれらの面に

 

 

 

触れている空気に伝わってくる『対流』です。

 

 

 

日射熱取得率には、これら3つの成分が考慮されて

 

 

 

います。

 

〜断熱と遮熱⑤〜

2021年7月10日

なぜ窓の外側によしずを立てかけたりすると

 

 

 

効果的なのでしょうか?🤔

 

 

 

ガラスは長波長放射を通さない為、窓ガラスよりも

 

 

 

室内側にあるものに日射が吸収され温められた

 

 

 

結果、放出される長波長放射は、ほとんど室内に

 

 

 

とどまります。

 

 

 

冬場はカーテンを閉めていても、日差しで温めら

 

 

 

れたカーテンから室内に放射が出て、暖かく過ごせ

 

 

 

ます。

 

 

 

夏場は、例えば、室内側にブラインドを取り付け

 

 

 

ていた場合、表面温度が35℃〜38℃くらいになり

 

 

 

ます💦

 

 

 

快適に過ごせる冬場の床暖房の表面温度が

 

 

 

26℃〜28℃くらいなのでそれよりも10℃も高い

 

 

 

ことになりますね。🥵

 

 

 

室外側に日除けを取り付けると、

 

 

 

ガラスは長波長放射を透過させないので、

 

 

 

室内が暑くなりにくくなります。

 

 

 

これを『遮熱』といいます。

 

 

 

バックナンバー

月別アーカイブ

年別アーカイブ