ブログ

年: 2021年の記事一覧

トミソー様 『整理収納セミナー』のお知らせ(^^♪

2021年4月12日

 

 

 

店舗建築で培ってきたノウハウにより

 

 

 

独創的な住宅造りで施主様から支持されて

 

 

 

いるトミソー様。

 

 

 

そんなトミソー様で

 

 

 

『整理収納セミナー』が開催されます🤩

 

 

 

気になる内容は、

 

 

 

整理収納の基本を学びながら、収納庫がなくても

 

 

 

すっきり生活ができる実例をご覧になる

 

 

 

ことができます🙆‍♂️

 

 

 

実例の中には、

 

 

 

講師の浮田さんのご自宅(34坪)も登場!!

 

 

 

「収納が多いと良い」と思われがちですが、

 

 

 

実は収納があるだけ管理は大変。

 

 

 

無駄をなくしたコンパクトな暮らしは時短家事

 

 

 

つながります

 

 

 

今からお家を検討されている皆様、

 

 

 

是非間取りプランの参考にしてみませんか(^-^)!!

 

 

 

【開催日】418(日)

 

 

【定員】午前4組限定、午後4組限定[先着順]

 

 

※定員に達し次第終了。

 

※お子様連れでご参加の方には、

 別室に託児スペースを設けているとのこと。

 

 

 

【時間】

 

午前の部 10001200

  ※午前の部は満席となりました

 

午後の部 13001500

 

 

【場所】株式会社トミソー

 

 

【持ち物】筆記用具

 

 

【参加費】無料

 

 

【お申込み】こちらより→イベント予約受付

 

● お問い合わせ先: 0120-671-030

 

ご担当:吉川  様

 

 

 

 

オダケホーム様 オープンハウスのご案内🏠

2021年4月9日

 

 

黒部市荻生 陽だまりタウン桜井にて

 

 

 

オダケホーム様によりオープンハウスが

 

 

 

2棟同時開催されます(^^♪

 

 

 

見どころですが、

 

 

 

1棟は、

 

 

 

➀.我が家図書館のある家

 

 

②.withコロナ 新生活様式スタイル

 

 

③.上質な家具とキッチンで魅せる

 

  VINTAGEテイスト

 

 

 

もう1棟は、

 

 

 

.我が家レストランのある家

 

 

②.散らからない、片付けやすい

 

 女性目線な充実収納

 

 

③.停電時も自家発電で電気とお湯を

 

 つくれる

 

 

 

いずれもこの入居できるモデルハウスです

 

 

 

 

ぜひご体感くださいませ🤩

 

 

 

WEBからのご予約で、

 

 

QUOカードプレゼント🎁

 

 

とのことです🤩

 

 

【 日 時 】 

 

4/17(土)4/18(日)

 

AM10:00~PM5:00

 

※  完全ご予約制

 

 

 

お客様の建築工事が始まりました(^^♪

2021年4月5日

 

 

 

 

お客様の建築工事が始まりました🏠

 

 

 

ちょうど地縄張りが終わったところです。

 

 

 

今後、遣り方、根切り、基礎工事と進んで

 

 

 

いきますね(^^♪

 

 

 

いろいろなご提案工夫をされる

 

 

 

住宅会社さんです。

 

 

 

快適な暮らしの出来るお家🏠に

 

 

 

なります!!

お客様宅リノベーション工事の現場見学

2021年4月2日

 

 

 

 

 

 

 

 

当店をご利用いただいたお客様の

 

 

 

ノベーション工事現場を見学して

 

 

 

きました🤩

 

 

 

よく耳👂にする

 

 

 

“リフォーム”  と “リノベーション” 。

 

 

 

リフォームとは、

 

 

 

マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すため

 

 

 

の機能の回復という意味合いとして使われることが

 

 

 

多いです。

 

 

 

 

外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、

 

 

 

壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

 

 

 

一方、リノベーションとは、

 

 

 

既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まい

 

 

 

の性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を

 

 

 

高めたりすることをいいます。

 

 

 

今回のお客様宅は、

 

 

 

基礎、断熱、耐震も含め、大規模な工事を

 

 

 

行うことになりました。

 

 

 

快適にお過ごしいただけるお家🏠に

 

 

 

なります。

 

 

 

完成を楽しみにしています🙆‍♂️

 

 

 

 

 

お客様のお家🏠が完成に近づいてきました(^^♪

2021年4月1日

 

 

 

 

当店をご利用いただいたお客様の工事現場へ

 

 

 

行ってきました。

 

 

 

外壁には金属サイディングが張り終わり、

 

 

 

中に壁紙が貼られ始めました。

 

 

 

もうすぐお客様のお家🏠が完成に近づいて

 

 

 

います(^^♪

 

 

 

 

 

 

住宅会社のご担当者のお心遣いで

 

 

 

コーナーに丸みがあります。

 

 

 

私もよく足の小指を角にぶつけて・・・😢

 

 

 

誰でも言われれば、『そっかぁ』と思うのですが、

 

 

 

見落としがちです。

 

 

 

ご担当の方が、

 

 

 

このようにご提案してくださると嬉しいですね🤩

 

 

 

 

高年齢者雇用安定法が改正されます

2021年3月31日

 

 

高年齢者雇用安定法が改正され、

 

 

 

4月1日から施行されます。

 

 

 

70歳までの就業機会の確保に

 

 

 

ついて多様な選択肢を法制度上、

 

 

 

整えるのが目的です。

 

 

 

少子化が進み、高齢者が増え、労働人口

 

 

 

が減少している現在、その高齢者を雇用する

 

 

 

ことで労働力を確保しようと、

 

 

 

そんな狙いが「高年齢者雇用安定法」に

 

 

 

あるといえますね。

 

 

 

今回の改正は、現行制度を変更する

 

 

 

のではなく、追加という位置付けです。

 

 

 

4月1日から、

 

 

 

①.定年年齢や継続雇用年齢の70歳へ

 

の引き上げ

 

 

②.業務委託契約制度の導入

 

 

③.社会貢献事業へ従事できる制度の導入

 

 

 

について『努力義務』が課せられます。

 

 

 

2019年の内閣府の調査によると、

 

 

 

現在仕事を持っている60歳以上のうち、

 

 

 

36.7%が「働けるうちはいつまでも働きたい」

 

 

 

と回答されたようです。

 

 

 

「70歳くらいまで」~「80歳くらいまで」を

 

 

 

加えると計87.0%という結果になったそうです。

 

 

 

労働意欲を持っていらっしゃる高齢者が多いこと

 

 

 

がわかりますね。

 

 

 

 

また継続雇用する事業主としても、

 

 

 

高齢者の豊富な経験、卓越した技術、

 

 

 

優れた知見は、失いたくないリソースだと

 

 

 

いえますね。

お客様の地盤調査見学

2021年3月27日

 

 

 

当店ご利用いただいたお客様の

 

 

 

土地の地盤調査見学へ行ってきました。

 

 

 

SWS試験(スウェーデン式サウンディング試験)

 

 

 

を用いて調査されていました。

 

 

 

スウェーデン式サウンディング試験とは、

 

 

 

1000N(※N:ニュートン。1000Nは、

 

 

 

約100kgのおもりによる荷重)を載せた後に

 

 

 

スクリューポイントを回転させて地盤に貫入し、

 

 

 

おもりの重さや半回転数で地盤の強さを評価する

 

 

 

試験方法です。

 

 

 

調査点は計画建物の四隅中心部

 

 

 

5か所が基本です。

 

 

 

スクリューポイントが先端に付いたロッドを

 

 

 

地盤に垂直に刺し込み、その沈み具合によって

 

 

 

地盤状況を調べます。

 

 

 

 

試験後、試験データで地盤状況を評価します。

 

 

 

自沈層の有無、地盤のバランスが重要になります。

 

 

 

このあと必要と判断されると、地盤改良工事

 

 

 

なります。

 

 

土地の価格・・・②

2021年3月26日

 

 

4つの公的価格をまとめると

 

 

 

次のようになります。

 

 

 

 

①.公示価格

 

 

所轄官庁:国土交通省

 

基準日:毎年1月1日

 

公表時期:3月下旬

 

使用目的:取引の指標

 

公示価格に対する価格割合:100%

 

 

 

 

②.基準地価格

 

 

所轄官庁:都道府県

 

基準日:毎年7月1日

 

公表時期:9月下旬

 

使用目的:公示価格の補完

 

公示価格に対する価格割合:100%

 

 

 

 

③.相続税評価額(路線価)

 

 

所轄官庁:国税庁

 

基準日:毎年1月1日

 

公表時期:7月上旬

 

使用目的:相続税、贈与税の課税標準

 

公示価格に対する価格割合:80%

 

 

 

④.固定資産税評価額

 

 

所轄官庁:市町村

 

基準日:3年ごとの基準年度の前年1月1日

 

公表時期:3月~4月

 

使用目的:各種税金の課税標準

 

公示価格に対する価格割合:70%

 

 

 

 

 

 

土地に関しては様々な目的に応じて目安となる

 

 

 

価格が複数付けられています。

 

 

 

実際には一物四価といわれ、

 

 

 

目的に応じて一つの土地に公的に算定された

 

 

 

価格と実際に売買する価格の4つが付けられて

 

 

 

います。

 

 

 

公的な土地価格は、

 

 

 

あくまでも土地取引の目安に使われるか、

 

 

 

税金の計算の際に利用されるものになります。

 

 

 

実際の売買における価格とは異なります。

 

 

 

土地売買は原則その時の時価をもとに行われます。

 

 

 

売りたい人と買いたい人が合意すれば売買が成立

 

 

 

することになるので、その合意した価格が時価に

 

 

 

なります。

 

 

 

これを通常「実勢価格」と呼んでいます。

 

土地の価格・・・

2021年3月25日

 

土地の価格について、、、

 

 

 

土地の価格には、実際の売買価格(実勢価格)

 

 

 

の他に、公的価格として4種類あります。

 

 

 

 

①.公示価格

 

 

 

②.基準地価格

 

 

 

③.相続税評価額(路線価)

 

 

 

④.固定資産税評価額

 

 

 

です。

 

 

 

公示価格とは、地価公示法にもとづいて

 

 

 

土地鑑定委員会が公表する土地の価格を

 

 

 

いいます。

 

 

 

適正な地価の形成に資するため、

 

 

 

全国の都市計画区域内等に設定された

 

 

 

標準地(2021年地価公示では26,000地点)

 

 

 

について、毎年11日時点のその正常価格を

 

 

 

複数の不動産鑑定士が鑑定し、土地鑑定委員会で

 

 

 

審査して決定した価格であり、同年3月下旬に公表

 

 

 

されています。

 

 

 

更地の単位面積当たりの価格として

 

 

 

示されています。

 

 

 

公共事業のための用地買収価格は、

 

 

 

この価格を規準に決めなければならない

 

 

 

とされているほか、民間の土地取引においても

 

 

 

これを指標とするよう努めるべきとされています。

 

 

 

 

各都道府県も、毎年71日時点でほぼ同様の

 

 

 

調査を実施し、

 

 

 

「都道府県基準地標準価格」として公表して

 

 

 

います。

 

 

 

地価公示価格

2021年3月24日

0.4

 

昨日23日に、国土交通省より

 

 

 

1月1日時点の公示地価が発表

 

 

 

されましたね。

 

 

 

富山県内の住宅地は消費税が増税された

 

 

 

反動などにより0.4%マイナスになりました。

 

 

 

昨年2020年に27年ぶりに横ばいに

 

 

 

なったと言っていましたが、

 

 

 

1年で下落に転じました。

 

 

 

新型コロナウイルスの影響を受けた

 

 

 

飲食店街や観光地は特に下落幅が

 

 

 

大きくなりました。

 

 

 

(商業地は29年連続マイナスで

 

 

 

0.8%マイナス)

 

 

 

話題となる土地・・・

 

 

 

土地には定価がありません。

 

 

 

その価格はいろいろな条件によって

 

 

 

決められます。

 

 

 

また短期間のうちに大きく変動する

 

 

 

ということがあります。

 

 

 

わかりにくい土地価格の指標となる

 

 

 

のが地価公示価格です。

 

 

 

毎年1月1日現在の、

 

 

 

全国約2万3千カ所の土地における

 

 

 

標準的な地価を判定し、国土交通省が

 

 

 

3月下旬に発表するものです。

 

 

 

今回、富山県内では、

 

 

 

15市町村の住宅地、商業地、工業地

 

 

 

等計232地点で実施されました。

 

 

 

これは土地を購入する人が不利益な

 

 

 

売買契約を結んでしまわないように

 

 

 

国が調査し公表する土地相場です。

 

 

 

信頼性があり、誰でも簡単に国土交通省

 

 

 

のホームページで確認できます。

 

 

 

しかし土地の価格は、それ以外にも

 

 

 

沿線や地域イメージ、環境、

 

 

 

教育に向いているかどうか、公園や

 

 

 

商業施設の有無、土地の形状など

 

 

 

さまざまな要素が絡み合って判断され

 

 

 

ています。

 

 

 

 

 

バックナンバー

月別アーカイブ

年別アーカイブ