ブログ

気密について⓶

2022年5月16日

 

 

 

 

建物全体の気密性を示す指標である

 

 

 

相当隙間面積の求め方は、送風機を

 

 

 

使用して室内の空気を外へ吐き出すとき、

 

 

 

室内外の気圧差と送風機の風量を測定

 

 

 

して求めるようです。

 

 

 

求められた相当隙間面積を延床面積で除した

 

 

 

ものがC値( 床面積当たりの相当隙間面積、

 

 

 

単位:㎠/㎡ ) と呼ばれるのものですね。

 

 

 

木造でのC値は、

 

 

 

 

0.3以下で超高気密、1~5で標準、1以下

 

 

 

であれば高気密、5以上であれば、低気密と

 

 

 

いわれています。

 

 

 

たとえば、120㎡(約36.3坪)の家で

 

 

 

C値5㎠/㎡というと、600㎠の隙間が

 

 

 

あるということです。

 

 

 

600㎠の隙間は、A4サイズの隙間と

 

 

 

同じです。

 

 

 

また、C値1㎠/㎡というと、

 

 

 

120㎠の隙間があるということです。

 

 

 

これはハガキサイズと同じくらいです。

 

 

 

詳しくは、住宅会社との商談時にご質問される

 

 

 

とよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330