ブログ

気密について

2022年5月13日

 

 

 

家づくりを考える際に、『寒い家は嫌だ!』、と

 

 

 

お考えになると思います。

 

 

 

よく吹抜けは寒い、リビング階段は寒いという

 

 

 

お話を耳👂にされると思います。

 

 

 

これは断熱が足りていないだけではなく、

 

 

 

気密が十分ではないことが原因と言われてい

 

 

 

ます。

 

 

 

気密とは家🏠の隙間の大きさのことです。

 

 

 

隙間が大きいと気密性は低くなり、寒い家

 

 

 

になります。

 

 

 

気密が低い家は、部屋の上下で温度差が

 

 

 

出ます。

 

 

 

暖房の暖かい空気は、吹き抜けやリビング

 

 

 

階段を通って上にいき、2階の隙間から逃げ

 

 

 

ていきます。同時に足元の隙間から冷たい外気

 

 

 

が入ってきます。

 

 

 

建物全体の気密性を示す指標として、

 

 

 

『相当隙間面積』があります。

 

 

 

木造住宅は多くの軸材や面材で構成されて

 

 

 

います。

 

 

 

窓やドアは、開口部分の建具が閉じられて

 

 

 

いても、召し合わせ部分などには多くの

 

 

 

微細な孔が存在しています。

 

 

 

配管、配線のために外壁に孔があけられ、

 

 

 

隙間が発生することもあります。

 

 

 

こうした隙間や孔を減らすことが重要になり

 

 

 

ます。

 

 

 

住宅会社との商談時にご質問され、お話を

 

 

 

しっかり聞かれるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330