ブログ

シロアリと腐朽菌

2022年5月10日

 

 

 

 

 

 

お家を建てられるときに気になるのが、

 

 

 

防腐・防蟻ですね。

 

 

 

5月はシロアリシーズンと言われることが

 

 

 

あります。

 

 

 

それは、5月になるとシロアリの羽アリが

 

 

 

本格的に活動を始めるからです。

 

 

 

シロアリが家にいるかどうかの見つけ方の

 

 

 

ひとつとして、4月から7月の間に家から

 

 

 

大量の羽アリが飛び立つのを見た時。成長し

 

 

 

羽蟻となり一定条件が整うと、一斉に外へ飛び

 

 

 

立っていきます。

 

 

 

家屋に大きな被害を与えるヤマトシロアリまた

 

 

 

はイエシロアリの可能性が高いので、見つけ次第

 

 

 

すぐに駆除が必要です。

 

 

 

家屋に被害を与えないクロアリの羽アリの可能性

 

 

 

もあるので、専門業者に相談すると良いでしょう。

 

 

 

木を腐らせる腐朽菌とシロアリについてのお話

 

 

 

です。

 

 

 

腐朽菌とシロアリは、ともに生育する条件が

 

 

 

似ています。

 

 

 

生育として適当な温度、酸素、水分、

 

 

 

養分が必要す。

 

 

 

このうち、ひとつでも欠ければ繁殖

 

 

 

できません。

 

 

 

人が住む家である以上、

 

 

 

温度と酸素はカットできない為、水分をいかに

 

 

 

コントロールするかが対策のカギになりますね🙆‍♂️

 

 

 

床下の換気を十分にとり、

 

 

 

土台や柱脚部に耐久性にすぐれヒノキ、ヒバ

 

 

 

あるいは防腐・防蟻処理を十分に施した木材をを

 

 

 

用いるなど耐久性を高める対策が必要となります。

 

 

 

腐朽菌の繁殖条件としては、

 

 

● 養分・・・糖分、窒素化合物、

 

      リグニン(つまり木材)

 

 

● 水分・・・大気中湿度85%以上、

 

     木材の含水率20%~200

 

 

● 温度・・・3度から45

 

     (30度前後が問題あり)

 

 

● 空気・・・空気がなければならない

 

 

 

です。

 

 

 

木材中の含水率を20%以下にすること、

 

 

 

温度が3度以下だと問題が少なくなります。

 

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330