ブログ

ツーバイフォー工法について

2021年11月13日

 

 

 

~ツーバイフォー工法について~

 

 

 

アメリカやカナダなど北米では、

 

 

 

建築やちょっとしたリフォームは

 

 

 

自分達で行う習慣があります。

 

 

 

ツーバイフォー工法はこうした背景

 

 

 

の中で発達してきました。

 

 

 

材量を安く調達できるように、主に

 

 

 

2インチ x 4インチの基本規格品を使う

 

 

 

ことからツーバイフォー工法と呼ばれる

 

 

 

ようになったようです。

 

 

 

日本では国の重要文化財である

 

 

 

札幌の時計台がツーバイフォー工法

 

 

 

による建築物です。(1878年築)

 

 

 

143年になりますね👀

 

 

 

断面2インチx4インチの規格材を用い、

 

 

 

合板と合わせて壁パネルを構成いく工法

 

 

 

です。

 

 

 

24の他に、2628210

 

 

 

212など種類の少ない断面材で構造体

 

 

 

が成り立っています。木材の加工は単純で

 

 

 

もともと誰にでも建てられるように開発

 

 

 

されたものなので、特別な技能を要しない

 

 

 

と言われています。

 

 

 

なので職人の腕による差が出にくい

 

 

 

とも言われています。

 

 

 

木材の加工は単純で、接合は主に単純な

 

 

 

釘打ちとなっており、構造形式は壁構造

 

 

 

です。

 

 

 

壁体が上部荷重を分散して負担し。

 

 

 

さらに地震、台風などの水平力を

 

 

 

負担します。したがって、壁の配置

 

 

 

の仕方が構造耐力上大切になります🙆‍♂️

 

 

 

★ 断熱性が良い。

 

 

 木質の壁構造で熱橋が生じにくく、

 

 

 断熱材の挿入スペースが用意されて

 

 

 

 いる。

 

 

 

★ 気密性が高い。

 

 

 高い気密性を得やすく、遮音性、

 

 

 断熱性など高性能化しやすい。

 

 

 

などの利点があります。

 

 

 

一方、木造軸組工法と計画の自由度を

 

 

 

比較すると・・・

 

 

 

➀.構造強度対応は壁料で調整するため、

 

 

 

 プランに影響がある。

 

 

 

➁.開口部の大きさはやや制限される。

 

 

 

という点があります。

 

 

 

耐震性が高く、気密性と断熱性に優れて

 

 

 

いること、比較的耐火性が高いという

 

 

 

ツーバイフォー工法ですが、

 

 

 

壁で支える構造の為、容易に壁を

 

 

 

壊すことができません。

 

 

 

したがって、リフォームが難しい

 

 

 

という面があります。

 

 

 

将来的に大きなリフォームの可能性が

 

 

 

あれば、なるべくリフォームしやすい

 

 

 

設計にした方が良いですね🏠

 

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

☎  076-411-5330