ブログ

建物本体価格はどこまで?

2021年10月16日

 

 

建物本体価格はどこまでか?というお話です。

 

 

 

かりに坪40万円と表示されていても、

 

 

 

標準仕様がどこまで入っているのか?

 

 

 

、が大事です。

 

 

 

設備のグレード、換気システムの内容、給排水設

 

 

 

備、屋根材、外壁材の種類など。

 

 

 

ベランダなし、クローゼットがオプションという

 

 

 

のもあります。

 

 

 

住宅業界では表示金額のルールがあいまい

 

 

 

です。

 

 

 

『坪単価は』という話になりますが、

 

 

 

一口に価格といっても基準が違っていると、

 

 

 

比較が難しいです。

 

 

 

住宅を建てる際の参考に用いられる「坪単価」には

 

 

 

それを計算するための明確な定義がないため、

 

 

 

それぞれの住宅会社がそれぞれの基準で「坪単価」

 

 

 

を出しています。

 

 

 

よって割るための床面積を「延べ床面積」にする

 

 

 

のか「施工面積」にするのかで「坪単価」の金額は

 

 

 

大きく変わってきます。

 

 

 

「坪単価」の金額だけを安易に比較せず、

 

 

 

必ず「坪単価」が「延べ床面積」か「施工面積」

 

 

 

のどちらで算出されているのか確認することが大事

 

 

 

です。

 

 

 

★「坪単価」=「建築工事金額」÷「延べ床面積」

 

 ➡ 坪単価が高くなる

 

 

 

★「坪単価」=「建築工事金額」÷「施工面積」 

 

  坪単価を安く見せられる

 

 

 

おうちラボ無料個別相談のご予約はここをクリック

 

 

か、お電話で☆

 

 

☎  076-411-5330