ブログ

土地の価格・・・②

2021年3月26日

 

 

4つの公的価格をまとめると

 

 

 

次のようになります。

 

 

 

 

①.公示価格

 

 

所轄官庁:国土交通省

 

基準日:毎年1月1日

 

公表時期:3月下旬

 

使用目的:取引の指標

 

公示価格に対する価格割合:100%

 

 

 

 

②.基準地価格

 

 

所轄官庁:都道府県

 

基準日:毎年7月1日

 

公表時期:9月下旬

 

使用目的:公示価格の補完

 

公示価格に対する価格割合:100%

 

 

 

 

③.相続税評価額(路線価)

 

 

所轄官庁:国税庁

 

基準日:毎年1月1日

 

公表時期:7月上旬

 

使用目的:相続税、贈与税の課税標準

 

公示価格に対する価格割合:80%

 

 

 

④.固定資産税評価額

 

 

所轄官庁:市町村

 

基準日:3年ごとの基準年度の前年1月1日

 

公表時期:3月~4月

 

使用目的:各種税金の課税標準

 

公示価格に対する価格割合:70%

 

 

 

 

 

 

土地に関しては様々な目的に応じて目安となる

 

 

 

価格が複数付けられています。

 

 

 

実際には一物四価といわれ、

 

 

 

目的に応じて一つの土地に公的に算定された

 

 

 

価格と実際に売買する価格の4つが付けられて

 

 

 

います。

 

 

 

公的な土地価格は、

 

 

 

あくまでも土地取引の目安に使われるか、

 

 

 

税金の計算の際に利用されるものになります。

 

 

 

実際の売買における価格とは異なります。

 

 

 

土地売買は原則その時の時価をもとに行われます。

 

 

 

売りたい人と買いたい人が合意すれば売買が成立

 

 

 

することになるので、その合意した価格が時価に

 

 

 

なります。

 

 

 

これを通常「実勢価格」と呼んでいます。